• トップページ
  • トピックス
  • 【宮城】「お金の使い方を変えればもっと明るい未来はつくれる」玉木代表が全国キャラバンで宮城県を訪問
2022年09月21日

【宮城】「お金の使い方を変えればもっと明るい未来はつくれる」玉木代表が全国キャラバンで宮城県を訪問

玉木雄一郎代表(衆議院議員/香川2区)は17日、参議院選挙後の全国キャラバンの一環として宮城県を訪れ、仙台フォーラス前での街頭演説会に浜口誠役員室長(参議院議員/全国比例)とともに参加した。

浜口議員は「我々は経済対策を出している唯一の党だ。支持率は2.1%と初めて2%を超えた。どんどん支持率を上げて、給料が上がる経済を実現する力をいただきたい」と力を込めた。

玉木代表は「選挙が終わったら政治家は知らんぷり。それが政治不信のもと。我々は逆を行きたい。選挙から最も遠い時期だからこそ、皆様に訴えて意見を聴くために全国を回っていて、今日は仙台を訪れた。なんとか日本を変えたい。人と技術で日本はやってきたが、質の高い論文数で日本は初めてTOP10から陥落した。教育や科学技術に使う予算をけちけちしてきたからだ。お金の使い方を変えればもっと明るい未来はつくれる」と集まった聴衆に訴えた。

街頭演説後には、質疑応答が行われ、候補者発掘や103万円、130万円の壁などについて意見交換が行われた。