• トップページ
  • トピックス
  • 「立法府が責任を持って制度や仕組みを変えていく」浜口役員室長が「トランスジェンダー国会」で挨拶
2022年10月18日

「立法府が責任を持って制度や仕組みを変えていく」浜口役員室長が「トランスジェンダー国会」で挨拶

浜口誠役員室長(参議院議員/全国比例)は12日、Transgender Japanが主催する集会「トランスジェンダー国会」に出席し、党を代表して挨拶を行った。

浜口役員室長は「日本はジェンダー後進国であり、立法府が責任を持って制度や仕組みを変えていくしかない。国民民主党は超党派で『LGBT差別解消法案』を国会に提出しているが、与党の賛同が得られず、まだ前に進んでいない。当事者や団体の皆さまからのお声を聞きながら、取り組みを進めていきたい」と挨拶した。

また、浜口役員室長は参加者から現状についての説明を受け、認識を共有した。