2023年10月05日

国民民主党 代表定例会見(2023年10月3日)

【冒頭発言概要】

今月には臨時国会も開会される見込みなので、我が党としては経済対策のとりまとめを行っています。早ければ今週金曜日にも、地方の意見も伺いながら全体像をまとめたいので、急ピッチで進めています。合わせて、経済対策の裏付けとなる法案の提出も臨時国会で行っていきたいです。
経済対策の一つの柱は「成長減税」です。我々が従来から申し上げてきたように、この間の賃金上昇、物価上昇、そして名目GDPの伸びにより税収が増えています。いわばこの成長の成果をしっかり国民にお戻しすることが大切です。この「成長減税」を柱にしていきたいです。中身は前から申し上げているように、所得の増加以上に税収が伸びている部分については所得税や消費税の減税でお戻ししていきたい、それを実現するための法案を何本か用意し、来る臨時国会に提出したいです。政府にも申し入れをします。着実な経済成長と来年の持続的な賃上げにつながる対策をする、そしてせっかく賃金が上がってもそれ以上に負担が増えてむしろ可処分所得が減ってしまう逆転現象が生じないよう負担を引き下げる。要は給料は上げて負担は下げる、これを可能にする経済対策をパッケージで臨時国会に提出していきたいです。